アーカイブ

投稿者のアーカイブ

第8回千葉大学ユーラシア言語文化論講座言語学講演会のご案内

「新しい読書の姿」
荒川洋治氏 現代詩作家
(令和元年度恩賜賞・日本芸術院賞受賞)

経歴:1949年福井県生まれ。詩集『渡世』(第28回高見順賞)、『空中の茱萸』
(第51回読売文学賞)、『心理』(第13回萩原朔太郎賞)、『北山十八間戸』
(第8回鮎川信夫賞)、エッセイ・評論集『忘れられる過去』(第20回講談社エッ
セイ賞)、『文芸時評という感想』(第5回小林秀雄賞)。
講師より:“「文学は実学である」という観点から、人間の現実感を革新する名
作の魅力を見つめる。また、詩歌、小説、批評、エッセイ、戯曲などジャンルの
特質と役割をあらためて確認し、新しい読書のありかたを語ってみたい。”(講
師)
日時:2019年11月21日(木)16:10~17:40
(終了後講師を囲んで懇談会)
場所:千葉大学西千葉キャンパス・文学部203教室
(どなたでも、講演会も懇談会も歓迎です。ご自由にご参加を。)
主催:千葉大学ユーラシア言語文化論講座言語学研究会
連絡先:菅野憲司(kanno※faculty.chiba-u.jp)※を@に変えて下さい

くわしくはこちら
第8回千葉大学文学部講演会ポスター

カテゴリー: イベント案内 タグ:

創作狂言「里見八犬伝 其ノ参」ご案内

千葉大学普遍教育授業「伝統文化をつくる」(担当:日本・ユーラシア文化コース 柴佳世乃・兼岡理恵)では、受講生が毎年、創作狂言の制作・上演に取り組んでいます。今回の公演は、曲亭馬琴の読本『南総里見八犬伝』を大胆に狂言にリメイクした、「里見八犬伝」シリーズの第四弾「里見八犬伝 其ノ参(エピソードスリー)」です。「勧善懲悪ってなんだ」をテーマとする、一味も二味も違う八犬士の物語をぜひご覧ください。

~創作狂言「里見八犬伝」について~

・概要
本公演は、千葉にまつわる物語や伝承を狂言にし、伝統を繋いでいく「見る、知る、伝える千葉~創作狂言~プロジェクト」(http://www.cbs.or.jp/zaidan/kyogen/)の一環です。和泉流狂言師・小笠原匡を中心に、千葉大学、NPO法人フォーエヴァー、公益財団法人千葉県文化振興財団、県民が連携し、新たな狂言を創り上げてきました。プロジェクト開始から10年以上を数えます。

千葉大生は、普遍教育教養展開科目「伝統文化をつくる」において、チラシ・ポスターやパンフレット、小道具の作成、広報活動を行っています。さらに舞台では、昨年度に引き続き、千葉大生が八犬士や傀儡女など、重要な役柄をつとめます。狂言の本格的な稽古や、プロの俳優による指導を受けつつ、市民ワークショップ参加者とともに、舞台を作りあげます。
なお、第一部に古典狂言「仏師」の上演も行われます。

・開催日時
12月7日(土) 14時開演
・開催場所
千葉県文化会館小ホール
(アクセス)
http://www.cbs.or.jp/chiba/facility/map.html
・料金
〔全席自由〕一般 2,000円、学生 1,000円
千葉県文化振興財団HPより
チケットをご予約いただけます。
http://www.cbs.or.jp/zaidan/perfomance_info/events/191207cs/index.html

カテゴリー: イベント案内 タグ:

中川裕教授講演:「アイヌから学ぶ語りの文化」

鶴見大学比較文化研究所 @鶴見大学会館メインホール

2019年11月30日(土)13:00~16:00

くわしくはこちら

カテゴリー: イベント案内 タグ:

中川裕教授講演:「現代のアイヌ語とアイヌ文化伝承を学ぶ」

東京都人権プラザ主催 東京都人権プラザセミナールーム

2019年11月2日(土)13:30-16:00

くわしくはこちら

カテゴリー: イベント案内 タグ:

中川裕教授講演:「命を食べる:アイヌ文化における食の考え方」

チャシ アン カラの会主催 アイヌ感謝祭

新横浜スペース・オルタ

2019年10月20日(土)12:00~17:00(この間のどこかで40分程度)

カテゴリー: イベント案内 タグ:

中川裕教授講演:「創作の中のアイヌ語―『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』を題材に―」

10月のことばのサロン

日時:2019年10月12日(土)14時~16時30分

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 教室(予定)
(JR田町駅徒歩8分、地下鉄三田駅徒歩7分、地下鉄赤羽橋駅徒歩8分)
参加費:無料
お申し込み:不要。直接会場へどうぞ。
共催:慶應言語教育研究フォーラム

アイヌ研究の第一人者で、大人気の漫画『ゴールデンカムイ』の開始以来、アイヌ語・アイヌ文化の監修を続ける中川裕先生。10月のサロンでは、著書「アイヌ文化で読み解く『ゴールデンカムイ』」を題材に、創作の中でのアイヌ語について様々な視点からお話いただきます。『ゴールデンカムイ』を未読でも、その世界の中に浸れるサロンです。『ゴールデンカムイ』の販売もあります。

カテゴリー: イベント案内 タグ:

中川裕教授講演:「アイヌ文化の現在」 

公益財団法人人権教育啓発推進センター主催 芝大門人権講座

2019年10月9日(水)18:30~20:00

くわしくはこちら ちらし

カテゴリー: イベント案内 タグ:

中川裕教授講演:「アイヌ文化に親しむ」

◎中日新聞社主催 名古屋・栄 中日文化センター

2019年9月23日(月)13:00~15:00

いま、多くの人がアイヌ民族へ関心を寄せています。そのきっかけとなった漫画「ゴールデンカムイ」のアイヌ語監修者であり、アイヌ文化研究の第一人者である講師が、著書『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』を手掛かりに、アイヌ民族とその文化についての知識を、初めてアイヌ文化触れる人にもわかりやすく解説していきます。

詳しくはこちら

カテゴリー: イベント案内 タグ:

中川裕教授講演:「アイヌ文化の神髄~言語・信仰・食~」

◎NHK文化センター横浜教室

2019年9月22日(日)10:00~12:00

アイヌは日本の先住民族ですが、その歴史・文化・言語を知っている日本人は非常にわずかです。
しかし近年『ゴールデンカムイ』という漫画によって、それまで関心のなかった人たちがアイヌに目を向ける動きが出てきました。
その漫画のアイヌ語監修者である講師が、漫画を読んだことのない人にも理解できるように、入門的な知識をわかりやすく解説します。
アイヌ民族の言語や信仰、精神世界、食文化を中心に、知られざるアイヌ文化の神髄に迫ります。

■中川 裕(なかがわ ひろし)
1955年神奈川県生まれ。
1995年、『アイヌ語千歳方言辞典』(草風館)を中心としたアイヌ語・アイヌ文化の研究により、金田一京助博士記念賞を受賞。

詳しくはこちら

カテゴリー: イベント案内 タグ:

中川裕教授講演:「アイヌ語研究から見た<アイヌ地名>」

2019年9月8日(日)13:30-15:30

北海道博物館主催

「アイヌ語研究から見た<アイヌ地名>」

アイヌ語研究者の視点から、言語学からみたアイヌ語地名研究について語ります。

詳しくは下記

カテゴリー: イベント案内 タグ: