ご卒業おめでとうございます

 

 

2020年度日本・ユーラシア文化コース学位記伝達式を行いました。

卒業生の皆さん、おめでとうございます!

カテゴリー: コース関係 タグ:

創作狂言「里見八犬伝」公演(12月5日)のご案内

「創作狂言 里見八犬伝 其ノ零 再演(エピソードゼロ ニューバージョン)」

 このたび、千葉大学では、公益財団法人千葉県文化振興財団と連携して、下記の通り「創作狂言 里見八犬伝 其ノ零 再演(エピソードゼロ ニューバージョン)」を上演することになりました。
 これは、千葉大学 普遍教育 教養展開科目「伝統文化をつくる」の授業を通じて、狂言師の指導の下、学生が台本作りや小道具作り、チラシ作成などを行なってきたものです。
 この創作狂言は、房総に伝わる文化や伝承をもとに、新たな創作狂言を作っていくプロジェクトです。和泉流狂言師・小笠原由祠(小笠原匡より改名)を中心に、公益財団法人千葉県文化振興財団、NPO法人フォーエヴァー、市民、そして千葉大学が連携して「見る、知る、伝える千葉~創作狂言~運営委員会」を構成し、運営しています。
 今回の公演は、平成28年に上演した「創作狂言 里見八犬伝」シリーズ第1弾「其ノ零(エピソードゼロ)」を“ウィズコロナ時代”ならではの演出で再演します。「勧善懲悪って何だ。」をテーマに、現代社会を風刺し、巧みな言葉遣いやユーモアあふれる動きで笑いを誘う、見どころ満載の作品となっています。つきましては、多くの方々にご覧頂きたく、ご案内いたします。
 なお、第一部に古典狂言「盆山」の上演も行われます。

                                      記

公演名:「創作狂言 里見八犬伝 其ノ零 再演(エピソード ゼロ ニューバージョン)」
日 時:12月5日(土) 14時開演
会場:千葉県文化会館 大ホール(※会場は、例年の小ホールではなく大ホールを使用し、十分に座席の距離を保っています)
料 金:〔全席自由〕一般 2,100円、学生1000円

詳細はこちら→ http://www.cbs.or.jp/zaidan/perfomance_info/events/201205cs/index.html

公演チラシはこちら→ http://www.cbs.or.jp/zaidan/perfomance_info/events/201205cs/01.pdf

学生Twitterはこちら→ https://twitter.com/chiba_hakkenden
学生Instagramはこちら→ https://www.instagram.com/dentsuku.satomi8/

千葉大学HP掲載情報→ https://www.chiba-u.ac.jp/others/topics/info/post_926.html

カテゴリー: 未分類 タグ:

文学部Web オープンキャンパス2020 【日本・ユーラシア文化コース】のご案内

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、対面による夏のオープンキャンパスは中止となりましたが、コースの説明および模擬授業を動画でご覧いただくことができます。ぜひご視聴ください。

 

 

 

(↓こちらをクリックしてください↓)

文学部Web オープンキャンパス2020 【日本・ユーラシア文化コース】

 

 

カテゴリー: イベント案内, コース関係 タグ:

第8回千葉大学ユーラシア言語文化論講座言語学講演会のご案内

「新しい読書の姿」
荒川洋治氏 現代詩作家
(令和元年度恩賜賞・日本芸術院賞受賞)

経歴:1949年福井県生まれ。詩集『渡世』(第28回高見順賞)、『空中の茱萸』
(第51回読売文学賞)、『心理』(第13回萩原朔太郎賞)、『北山十八間戸』
(第8回鮎川信夫賞)、エッセイ・評論集『忘れられる過去』(第20回講談社エッ
セイ賞)、『文芸時評という感想』(第5回小林秀雄賞)。
講師より:“「文学は実学である」という観点から、人間の現実感を革新する名
作の魅力を見つめる。また、詩歌、小説、批評、エッセイ、戯曲などジャンルの
特質と役割をあらためて確認し、新しい読書のありかたを語ってみたい。”(講
師)
日時:2019年11月21日(木)16:10~17:40
(終了後講師を囲んで懇談会)
場所:千葉大学西千葉キャンパス・文学部203教室
(どなたでも、講演会も懇談会も歓迎です。ご自由にご参加を。)
主催:千葉大学ユーラシア言語文化論講座言語学研究会
連絡先:菅野憲司(kanno※faculty.chiba-u.jp)※を@に変えて下さい

くわしくはこちら
第8回千葉大学文学部講演会ポスター

カテゴリー: イベント案内 タグ:

創作狂言「里見八犬伝 其ノ参」ご案内

千葉大学普遍教育授業「伝統文化をつくる」(担当:日本・ユーラシア文化コース 柴佳世乃・兼岡理恵)では、受講生が毎年、創作狂言の制作・上演に取り組んでいます。今回の公演は、曲亭馬琴の読本『南総里見八犬伝』を大胆に狂言にリメイクした、「里見八犬伝」シリーズの第四弾「里見八犬伝 其ノ参(エピソードスリー)」です。「勧善懲悪ってなんだ」をテーマとする、一味も二味も違う八犬士の物語をぜひご覧ください。

~創作狂言「里見八犬伝」について~

・概要
本公演は、千葉にまつわる物語や伝承を狂言にし、伝統を繋いでいく「見る、知る、伝える千葉~創作狂言~プロジェクト」(http://www.cbs.or.jp/zaidan/kyogen/)の一環です。和泉流狂言師・小笠原匡を中心に、千葉大学、NPO法人フォーエヴァー、公益財団法人千葉県文化振興財団、県民が連携し、新たな狂言を創り上げてきました。プロジェクト開始から10年以上を数えます。

千葉大生は、普遍教育教養展開科目「伝統文化をつくる」において、チラシ・ポスターやパンフレット、小道具の作成、広報活動を行っています。さらに舞台では、昨年度に引き続き、千葉大生が八犬士や傀儡女など、重要な役柄をつとめます。狂言の本格的な稽古や、プロの俳優による指導を受けつつ、市民ワークショップ参加者とともに、舞台を作りあげます。
なお、第一部に古典狂言「仏師」の上演も行われます。

・開催日時
12月7日(土) 14時開演
・開催場所
千葉県文化会館小ホール
(アクセス)
http://www.cbs.or.jp/chiba/facility/map.html
・料金
〔全席自由〕一般 2,000円、学生 1,000円
千葉県文化振興財団HPより
チケットをご予約いただけます。
http://www.cbs.or.jp/zaidan/perfomance_info/events/191207cs/index.html

カテゴリー: イベント案内 タグ:

中川裕教授講演:「アイヌから学ぶ語りの文化」

鶴見大学比較文化研究所 @鶴見大学会館メインホール

2019年11月30日(土)13:00~16:00

くわしくはこちら

カテゴリー: イベント案内 タグ:

中川裕教授講演:「現代のアイヌ語とアイヌ文化伝承を学ぶ」

東京都人権プラザ主催 東京都人権プラザセミナールーム

2019年11月2日(土)13:30-16:00

くわしくはこちら

カテゴリー: イベント案内 タグ:

中川裕教授講演:「命を食べる:アイヌ文化における食の考え方」

チャシ アン カラの会主催 アイヌ感謝祭

新横浜スペース・オルタ

2019年10月20日(土)12:00~17:00(この間のどこかで40分程度)

カテゴリー: イベント案内 タグ:

中川裕教授講演:「創作の中のアイヌ語―『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』を題材に―」

10月のことばのサロン

日時:2019年10月12日(土)14時~16時30分

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 教室(予定)
(JR田町駅徒歩8分、地下鉄三田駅徒歩7分、地下鉄赤羽橋駅徒歩8分)
参加費:無料
お申し込み:不要。直接会場へどうぞ。
共催:慶應言語教育研究フォーラム

アイヌ研究の第一人者で、大人気の漫画『ゴールデンカムイ』の開始以来、アイヌ語・アイヌ文化の監修を続ける中川裕先生。10月のサロンでは、著書「アイヌ文化で読み解く『ゴールデンカムイ』」を題材に、創作の中でのアイヌ語について様々な視点からお話いただきます。『ゴールデンカムイ』を未読でも、その世界の中に浸れるサロンです。『ゴールデンカムイ』の販売もあります。

カテゴリー: イベント案内 タグ:

中川裕教授講演:「アイヌ文化の現在」 

公益財団法人人権教育啓発推進センター主催 芝大門人権講座

2019年10月9日(水)18:30~20:00

くわしくはこちら ちらし

カテゴリー: イベント案内 タグ: