アーカイブ

‘教員’ カテゴリーのアーカイブ

中川裕教授が表彰を受けました

中川裕教授が、文化庁創立50周年記念表彰を受けました。表彰理由は以下の通りです。

 

アイヌ文化振興・研究推進機構(現アイヌ民族文化財団)によるアイヌ語指導者養成講座の講師を長年務める一方、文化庁委託のアーカイブ作成に関わることで、大学と地域との連携による平取町のアイヌ系住民のアイヌ語能力育成に尽力し、アイヌ語復興に寄与するとともに、漫画『ゴールデンカムイ』(二〇一六年マンガ大賞受賞作品)のアイヌ語・アイヌ文化監修などを通し、アイヌ語・アイヌ文化の普及にも貢献している。

 

この表彰は、文化庁が昭和43年に設立されてから今年で50年になることを記念して、過去50年を振り返り、文化の振興に多大な功績のあった者(外国人及び団体を含む。)に対して、その功績をたたえ文化庁長官が行うものです。

 

参考:文化庁ウェブサイト http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1409430.html

 

カテゴリー: 教員 タグ:

トークイベントのお知らせ:中川裕教授

11月4日(日)10時30分より、千葉大祭実行委員会主催で、マンガ「ゴールデンカムイ」とアイヌ文化に関するトークイベントが開催されます。

若い世代のアイヌの方々を北海道から迎え、来場者と一緒にアイヌの現状と未来についてのディスカッションを行う予定です。詳細はポスターをご覧下さい。

カテゴリー: イベント案内, 教員 タグ:

研究発表のお知らせ:中川裕教授

下記国際シンポジウムで8月7日に中川裕教授が研究発表をします。

NINJAL国際シンポジウム

「日本と北東アジアの消滅危機言語 ―記述・ドキュメンテーション・復興―」

平成30年8月5日 (日)
ポスターセッション&ワークショップ

平成30年8月6日 (月) ~ 平成30年8月8日 (水)
NINJAL国際シンポジウム 「日本と北東アジアの消滅危機言語 ―記述・ドキュメンテーション・復興―」

開催場所:国立国語研究所 講堂 (東京都立川市緑町10-2)

題目:Major Syntactic Differences between Sakhalin and Hokkaido Dialects of Ainu

国際シンポジウムプログラムなど詳細はこちら

カテゴリー: イベント案内, 教員 タグ:

講演のお知らせ「クール北海道:アニメやマンガを通じた文化の発信」(中川裕教授)

『北海道150年記念式典 北海道の未来トーク』

日時:2018年8月5日(日)13時30分~15時00分

場所:北海道立総合体育センター「北海きたえーる」2階視聴覚室

札幌市豊平区豊平5条11丁目1番1

『ゴールデンカムイ』アイヌ語監修者でもある中川裕教授が「クール北海道:アニメやマンガを通じた文化の発信」 という講演をします。

詳しくはこちら →中川先生講演180805

カテゴリー: イベント案内, 教員 タグ:

公開講演会のご案内

公開講演会「日本の外で日本を学ぶ」
日時 2018年6月11日
場所 人文公共学府棟2階マルチメディア会議室

第一部 講演(13:00開始)
Gergana Ivanova 先生(シンシナティ大学)
Why Study Japanese Literature outside Japan?
Markovic 順子 先生(シンシナティ大学)
米国大学における日本語教育の現状
第二部 ラウンドテーブル(14:40開始)
誰に、どのように伝えるのか?─日本語・日本文学研究の現状とこれから─
(シンシナティ大学および千葉大学の教員による共同討議)

カテゴリー: イベント案内, コース関係, 教員 タグ: