日本言語文化専修

2017 年 4 月 4 日

■日本言語文化専修とは―

日本の言語・文化について研究するスタッフが所属しています。日本語学・日本文学について古典から近現代までの各時代をフォローするとともに、図書館情報学の専門家も加わった陣容で、日本の言語・文化に関する学術研究の拠点となっています。学内学会として「千葉大学文学部日本文化学会」を運営し、機関誌「語文論叢」を年に一度刊行しています。

 

■スタッフ一覧

神戸和昭 (日本語史、日本語学史、近世言語文化論)

岡部嘉幸  (日本語学、日本語史)

兼岡理恵 (上代文学、伝承文学)

柴佳世乃  (中世文学、説話・仏教文学)

田草川みずき(近世文学、演劇学)

大原祐治 (近現代文学、出版文化史)

竹内比呂也(図書館情報学)

 

■スタッフの研究課題

(準備中)

■参考資料(外部リンク)

▼GOOD PROFESSOR(早稲田塾提供)

柴佳世乃教授 紹介記事

竹内比呂也教授 紹介記事

見る、知る、伝える千葉―創作狂言プロジェクト(千葉県文化振興財団)

 

コメントは受け付けていません。